スポンサーサイト

  • 2012.06.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    北欧ショートプログラム

    • 2011.01.11 Tuesday
    • 23:32
    ◆北欧好きと言っていながら、なかなか音楽以外に手が回らないんですよね〜。最近は音楽以外にも目を向けようと思い、つらつらと探していると、横浜みなとみらいにある短編映画専門のブリリア・ショート・ショート・シネマ http://www.brillia-sst.jp/『北欧ショートプログラム』と題した上映があると発見し、出かけてきました。

    丁度土曜日はお日柄もよく(笑)、関内駅から散歩しつつ馬車道経由でぶらぶらと歩いていったのですが、この映画館自体はマンションが立ち並ぶ地区にあって、あまり人も多くなく、本当にここなんだろうかなぁと心配になったほど。入り口の案内板を見て2階に上がると、いきなり歯医者とか保育所があってびっくりしましたが、立ち並ぶマンションの共用&商用施設みたいなところなんですね。

    入り口を入ると人もまばらな感じ。雑貨や軽い飲食できるテーブルなどもあってなかなかいい感じです。館内は傾斜がかかった200人位は入る小規模なもの。お客さんは10人程度(笑)。ソファーもゆったりしており、かなり快適。

    ◆ということで上映作品は下記の5作品
    • アパートの一室、6人のドラマー(スウェーデン)

    • パパ(ノルウェー)

    • 線路に唄えば(スウェーデン)

    • 踏切と車、4人の男(デンマーク)

    • ある晴れた日(スウェーデン)
    長いもので15分、短いもので6分程度の短編映画。小説も短編小説には短編小説なりの味があるものですが、もともと「大長編!」とか「全100巻!」とかに惹かれるクチなので(笑)、そもそも短編映画を意識してみたことがなかったからな。

    ジャンルは泣かせるドラマから、コメディ、最後にオチがありあっと言わせるものや、全編音楽といった体のものもあり、バラエティに富んでいるだけでなく、それぞれがしっかり作りこまれていて感心。想像していたものの256倍くらいじっくり楽しみました。

    ◆個々の作品紹介は別途解説などにお任せするとして、やはり「お国柄が感じられる」ものだなぁ、と感じ入りました。
    3つあるスウェーデンの作品はお国柄というかバラエティあふれた文化大国的なイメージでありますが、暗く沈んだ映像と、ヒューマンなストーリーの『パパ』は、なんとなくセーヴェルーの物悲しくも重々しい歴史を感じさせる音楽に通じるような気がしますし、機知に富み、エンターテイメントな『踏切と車、4人の男』は、ニルセンの第6交響曲のユーモアに通じるような感想を持ちました。

    まあ全てが全てじゃないし、無理やり音楽に結びつける僕もどうかしてると思うけど(笑)、

    ◆個人的にはそのコメディに分類されてたデンマークの『踏切と車、4人の男』。わずか6分。車の中に限定という点でソリッドシチュエーション・コメディ(?)。ネタバレはしませんが、最後の最後にオチが用意されています。もう1回みるときっと「このセリフはこういう事だったんかー!」と判ったりするんだろうな。もう1回見たい。

    ということで上映は1/31まで。このシアター上映作品はiTunes Storeでアプリとしても提供されているようです(この北欧ショートプログラムが全部入っているかは未確認)。


    出たところにある星取り表。僕が良かったと思ったのは一番人気無し(笑)

    ■帰還

    • 2011.01.11 Tuesday
    • 23:23
    ◆わっはっは。
    一年十ヶ月ぶりくらいに書いてみる。

    blog時代はかなり前。現在twitterばかり。
    まあ仰山CDも買ったけど、今年は「買った物を聴く」をモットーに改めてこの場所を使うのも良いかなと。でも更新できるかどうかは甚だ謎。うーむ。

    とりあえずtwitter連携とか色々新しい機能もあるのでテスト。

    Marc Copland New York Trio Recordings Vol.3

    • 2009.03.29 Sunday
    • 11:35
    Marc Copland,Drew Gress,Bill Stewart
    Pirouet
    (2009-01-27)

    ◆ジャズ発祥の地、アメリカ。しかしあまり好んでその地のジャズを聴いてないんですよね。ほぼ80%ヨーロッパ(更にその80%は北欧ジャズ)・ジャズしか聴かないのです。そんな中例外的に聴いているのが、フィラデルフィア出身のピアニスト、マーク・コープランドです。コープランドというと「市民の為のファンファーレ」で有名なコープランドも大好きでありますが、このマークも素晴らしいジャズピアニストです。あまり関係ないか。

    そんなマークが1年に1作づつ、丁寧に作り上げてきたのが、この"NEW YORK TRIO RECORDINGS"シリーズで、2006年の"MODINHA"(ゲイリー・ピーコック、ビル・スチュワート)、2007年の"VOICES"(ゲイリー・ピーコック、ポール・モティアン)に続き、2008年作が本作”NIGHT WHISPERS"であります。ドラムズはビル・スチュワート復帰、ベーシストはドリュー・グレス。

    ◆現在のモダン・ジャズは全体的に洗練されてて、ダイナミックというより繊細で、スウィング感よりもビート感も希薄なものが多いと思うのですが、マークの得意とする音楽もまた、そうした「感情より頭脳」を強く感じさせるオンガクになってます。朝よりも夜、白魔術よりも黒魔術、単純じゃなく複雑、フォルテでなくピアノ・ピアニッシモ。そんなジャズ。

    "NIGHT WHISPERS"と題された第3作目はその傾向が一層顕著な感じ。アルバム・タイトル、ジャケットの雰囲気も強いですけどね(笑)。ともあれタイトルナンバーである"NIGHT WHISPERS"(マーク・コープランド作)は、ほとんどリズム・モチーフが延々と繰り返されるなか、仄かにメロディーラインが浮遊する、彼ならではのナンバー。

    全曲の構成も良くて、EMILYという曲が3つのヴァージョンで分散して配置される中、コープランドのオリジナルと、スタンダード・ナンバーがバランス良く配置されています。マイルスのSO WHATにせよ、STYNEのI FALL IN LOVE TOO EASILYにしても、透徹した浮遊感を感じさせる不思議な世界が構築されています(最後のI FALL...が甘い雰囲気を若干匂わせるところが心憎い!)。

    ◆もう季節的にも温かく、春の気配が漂う頃になりましたが、まだ寒い夜中にひっそりと楽しみたいディスクです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM