スポンサーサイト

  • 2012.06.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ◆Segerstam Symphonies Nos1-125

    • 2005.05.13 Friday
    • 22:36
    ◆さてはて、以前予告しておきながら、その後やる気を無くしお蔵入り直前だった企画、フィンランドの作曲家・指揮者である
    レイフ・セーゲルスタムの全交響曲(無理矢理日本語訳版)をここにお届けします。

    作成し始めた時点(3月)から既に2曲追加され、5月6日現在125曲を数えております。4月1日のエイプリルフール用記事の為にいろいろと彼の交響曲を分析しておりますが、それはまたの機会に追補という形でオチを付けたいと思っています。

    あまりの閑人企画の為に、膨大なバイト数を費やしてしまいました。

    ヒマでどうしようもない人のみ、お読み下さい(^^;;;;;;;;;;;;;;;;


    ◆注記:[19xx]は作曲(完成年)。原題も併記してあります。一人ツッコミは無視の方向で。

    では、一気に行きます。スタート!

    Leif SEGERSTAM (1944- ) Complete Symphonies List
    [1978]
    00001 : 緩徐楽章の交響曲(管弦楽日記帳第33,34,36番)
    Symphony of Slow Movements Orchestral Diary Sheets Nos. 33, 34, 36
    サンタ豆知識:どこにも“交響曲第1番”とは書いてないんですよ。好きな日記帳からどれを選んでも良いそうです。

    [1980]
    00002 : 管弦楽日記帳第22番(交響曲第2番[単一楽章])
    Orchestral Diary Sheet No. 22 / Symphony No. 2 in one movement

    [1981]
    00003 : 管弦楽日記帳第23番(交響曲第3番[単一楽章])
    Orchestral Diary Sheet No. 23 /Symphony No. 3 in one movement
    00004 : 交響曲第4番[2または3つの楽章] (管弦楽日記帳第24,25,26番)
    Symphony No. 4 in Two or Three Movements / Orchestral Diary Sheet Nos. 24, 25, 26
    2つ、もしくは3つの楽章を演奏します。前者だと30分、後者だと45分。全ての楽章が15分で区切られる。


    [1982]
    00005 : 交響曲第5番[単一楽章](管弦楽日記帳第12番)
    Orchestral Diary Sheet No. 12 / Symphony No. 5 in one movement
    00006: 小さな交響曲第6番(管弦楽日記帳第7番)
    Orchestral Diary Sheet No. 7 /Sinfonia piccola No. 6
    6番って厳密には欠番?あくまでもこれは“シンフォニア・ピッコラ”の6番なんですよねー。便宜的に6番としました。
    00007 : 管弦楽日記帳第15番(交響曲第7番[単一楽章])
    Orchestral Diary Sheet No. 15 / Symphony No. 7 in one movement

    [1984]
    00008 : 管弦楽日記帳第1,2番(交響曲第8番[二楽章])
    Orchestral Diary Sheet Nos. 1 and 2 / Symphony No. 8 in Two Movements
    二つの楽章は、サロネンとサラステに捧げられています。しかし演奏記録なし(^^)

    [1985]
    00009 : 管弦楽日記帳第3番(小さな交響曲第9番、交響曲第9番[単一楽章]
    Orchestral Diary Sheet No. 3 / Sinfonia piccola No. 9; Symphony No. 9 in one movement

    [1986]
    00010 : 交響曲第照(10番)《三度目の...》
    Symphony No. X [10]"Three Times..."
    「10」じゃなくって、「勝廖ギリシャ数字でナンバリングされているのは、この曲と13番[XIII]のみ。歌曲集の編曲。ソロホルンが主役。
    00011 : 管弦楽日記帳第5番(交響曲第11番[打楽器、ピアノと弦楽器の為の]、小さな交響曲第11番)
    Orchestral Diary Sheet No. 5 /Symphony No. 11 for Percussion, Piano and Strings; Sinfonia Piccola No. 11
    打楽器が主役の曲。1986年作曲なのに、初演が1985年?
    00012 : 管弦楽日記帳第9番《洪水の後で》(交響曲第12番)
    Orchestral Diary Sheet No. 9"After the Flood" ("Nach dem Sindflut") / Symphony No. 12
    4つの部分に分かれ、個別の作品としても演奏可能。

    [1987]
    00013 : 交響曲第XIII番(13番)[打楽器、ピアノと弦楽の為の](管弦楽日記帳第13番)
    Symphony No. XIII [13] for Percussion, Piano and Strings / Orchestral Diary Sheet No. 13
    00014 : 交響曲第14番(平和の瞬間第3、管弦楽日記帳第44番)
    Symphony No. 14 / Moments of Peace III /Orchestral Diary Sheet No. 44
    バリトンかメゾソプラノの独唱。もしくはオンドマルトノ、トランペットなどの楽器代用も可能。もしくはナシでも良い・・・ってどないやねん!

    [1990]
    00015 : 交響曲第15番《食の思索》
    Symphony No. 15"Ecliptic Thoughts"
    00016 : 交響曲第16番《辺境における思索》
    Symphony No. 16"Thoughts at the Border"
    考えまくるセーゲルスタム。

    [1991]
    00017 : 交響曲第17番《1992年以前の思索》(管弦楽日記帳第49番)
    Symphony No. 17"Thoughts before 1992" / Orchestral Diary Sheet No. 49

    [1993]
    00018 : 交響曲第18番[一つの思索による](“夢”)(管弦楽日記帳第66番)
    Symphony No. 18 in one thought ("Unelma – A Dream") / Orchestral Diary Sheet No. 66
    まだまだ考えまくる。

    [1994]
    00019 : 交響曲第19番《8月 セガサ クイッカ...》
    Symphony No. 19"August Segesa Kuikka..."

    [1995]
    00020 : 12月(交響曲第20番[男声合唱を伴う])
    Symphony No. 20
    サンタ豆知識:現在唯一交響曲としての番号表記のみの曲。
    00021 : 9月《コルピ湖の幻影》(交響曲第21番)
    September"Visions at Korpijärvi..." / Symphony No. 21

    [1997]
    00022 : 交響曲第22番《マールパー - 雲》
    Symphony No. 22 "in Määrpää - clouds..."

    [1998]
    00023 : 交響曲第23番《訝しげな疑問の再考》
    Symphony No. 23"Afterthoughts questioning questionings"
    さ〜〜〜てまた考えまくるよーーーー。“訝しみシリーズ”の記念すべき第1作。
    00024 : 交響曲第24番《世紀の変わり目における交響的思索》
    Symphony No. 24 "Symphonic Thoughts at the Change of a Millenium"
    この曲も考えまくりシリーズの中の“世紀の移り目ツィクルス”(7曲くらい)の記念すべき第1作目(一体それがどうしたというのだ!)
    00025 : 交響曲第25番《世紀の変わり目前における交響的思索》
    Symphony No. 25"Symphonic Thoughts before the Change of the Millenium"
    00026 : 交響曲第26番《世紀の終わりにおける交響的思索》
    Symphony No. 26"Symphonic Thoughts at the End of the Millenium"
    00027 : 交響曲第27番《世紀の変わり目を越えての交響的思想第1番》
    Symphony No. 27"Symphonic Thoughts after the Change of the Millenium No. 1"
    しかし、1998年から世紀の変わり目について考えるセーゲルスタム。早すぎないスか?

    [1999]
    00028 : 交響曲第28番《世紀の変わり目を越えての交響的思想第2?番》
    Symphony No. 28"Symphonic Thoughts after the Change of the Millenium No. 2?"
    “第2?”って自信ないんかい!
    00029 : 交響曲第29番《訝しげな疑問の再考第2番》
    Symphony No. 29"After thoughts questioning questionings No. 2…"
    00030 : 交響曲第30番《自然を抱いて》
    あらまどうしたの、サンタさん。
    Symphony No. 30"Embracing the Nature…"
    00031 : 交響曲第31番《訝しげな疑問の再考第3番》
    Symphony No. 31"After thoughts questioning questionings No. 3"
    00032 : 交響曲第32番《再利用》
    Symphony No. 32"Recyclings"
    リサイクルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!。複数形なのが気になる。"Recycling Recyclings"という曲もある。
    00033 : 交響曲第33番《第三世紀における思索》
    Symphony No. 33"Thoughts into the 3rd Millenium"

    [2000]
    00034 : 交響曲第34番《交響的思索-世紀の変わり目軽視》
    Symphony No. 34"Symphonic Thoughts – Disregarding the Change of the Millenium"
    みんなが世紀の変わり目について考えなさすぎな事に腹を立てて作曲(ウソ)。
    00035 : 交響曲第35番《過去に向け回帰...》
    Symphony No. 35"Flashbacking Backwardsly…"
    00036 : 交響曲第36番《歌による真実...》
    Symphony No. 36"Vocal Truths…"
    00037 : 交響曲第37番《誕生日に》
    Symphony No. 37"On a Birthday"
    記念すべき(またかよ)、誕生日シリーズ。セーゲルスタムは誕生日が大好きのようです。
    00038 : 交響曲第38番《交響的思索のフラッシュバック》
    Symphony No. 38"Flashbacks of Symphonic Thoughts"
    00039 : 交響曲第39番《北欧的な柔らかい歌声》
    Symphony No. 39"Voices of Nordic Softness"
    00040 : 交響曲第40番《音を抱いて》
    Symphony No. 40"Embracing Tones"
    00041 : 交響曲第41番《40の後...》
    Symphony No. 41"After 40…"
    超重要作(笑)。セーゲルスタムはこの作品以降、交響曲における番号を意識し始めます。
    00042 : 交響曲第42番《郷愁さそう旋律的な...》
    Symphony No. 42"Nostalgico Melodioso…"
    00043 : 交響曲第43番《木々の為に...》
    Symphony No. 43"for trees…"
    00044 : 交響曲第44番《肖像画を描かせ...》
    Symphony No. 44"Sitting for a Portrait…"
    00045 : 交響曲第45番《耳の間》
    Symphony No. 45"Between the Ears"
    ・・・・どこ?
    00046 : 交響曲第46番《線の間...》
    Symphony No. 46"Between the lines…"
    00047 : 交響曲第47番《再び夢見つつ...以前は...》
    Symphony No. 47"Dreaming again… before…"
    数字に執着しつつも、実は夢見る事が大好きなサンタさん。これ以降も幾度か夢見まくります。
    00048 : 交響曲第48番《筆書きの音で血まみれに...》
    Symphony No. 48"Bleedings for Pencilled Sounds…"
    スプラッター。つか作曲中に怪我でもしたか。
    00049 : 交響曲第49番《名前はない。しかし思慮深く...》
    Symphony No. 49"Nameless but Thoughtful…"
    名前はない、と言っておきながら副題付き。これいかに?
    00050 : 交響曲第50番《60より前》
    Symphony No. 50"Before 60"
    名付けて、“ビフォーアフター”シリーズこれ以降、キリ番で次のキリ番を意識し、その次の曲でキリ番を振り返るというパターンが完成します。
    00051 : 交響曲第51番《50の後》
    Symphony No. 51"After 50"
    00052 : 交響曲第52番《誕生日の後》
    Symphony No. 52"After a Birthday"
    あれ?誕生日ってもう終わってるんじゃあなかったっけ?(37番)
    00053 : 交響曲第53番《再び夢見つつ...その後は...》
    Symphony No. 53"Dreaming again… after…"
    00053 : 交響曲第54番《再び夢見つつ...なぜなら...》
    Symphony No. 54"Dreaming again... because..."
    夢見るシリーズ。
    00054 : 交響曲第55番《8月的記譜》
    Symphony No. 55"Augustic Notations"
    00055 : 交響曲第56番《番号を積み上げる》
    Symphony No. 56"Catching Up in Numbers"
    00056 : 交響曲第56番《待っている、より交差し過ぎ去りタッチ&アップ&ダウンを》
    Symphony No. 57"Waiting for More Crossings, Passings, Touchings & Ups & Downs"
    すいません、全然意味不明なんですが・・・。

    [2001]
    00057 : 交響曲第58番《東方的思索...》
    Symphony No. 58"Easteric Thoughts…"
    00058 : 交響曲第60番《日本への土産》
    Symphony No. 59"In a Baggage to Japan…"
    2001年ヘルシンキ・フィル来日の際に初演。
    00060 : 交響曲第60番《70より前》
    Symphony No. 60"Before 70..."
    00061 : 交響曲第61番《もう一つ以前...》(もしくは《60の後...》
    Symphony No. 61"One more before..." [also entitled "After 60..."]
    きましたね(笑)。ちょっとアレンジがあるのが意味不明。
    00062 : 交響曲第62番《いくつかの...番号を...考えつつ波乗りつつ...》
    Symphony No. 62"Thinking of & Surfing on... some... Numbers"

    [2002]
    00063 : 交響曲第63番《シング-ア-ポ-レ、歌え!アポル:エ!!...》
    Symphony No. 63"SING-A-PÅ-RE, Sing! Apor: E!!..."
    シンガポール交響楽団に客演したときに初演。Singapoleを分解して、音名象徴にしてるみたいです(御協力:Lux!)。
    00064 : 交響曲第64番《日曜の朝...以前以後...》
    Symphony No. 64"Sunday Morning... before & after..."
    00065 : 交響曲第65番《両面的思索》
    Symphony No. 65"Bothnic Thoughts"
    00066 : 交響曲第66番《セクシーよりもっとシリアスに...》
    Symphony No. 66"More Serious than Sexy..."
    セクシーの方がいいんだが。
    00067 : 交響曲第67番《二万千二百五十二日後...》
    Symphony No. 67"After the 21252nd Day..."
    何コレ?!と思ったんですが、どうやらセーゲルスタムが生まれてから21252日経過(58歳くらい)したかららしいですよ!奥さん!
    00068 : 交響曲第68番《名前はない...確か番号付けた...》
    Symphony No. 68"Nameless... just numbered..."
    忘れてんぢゃねぇの?
    00069 : 交響曲第69番《波乗りつつ、舌打ちしつつ、...》
    Symphony No. 69"Surfing & clicking &..."
    どうしたんでしょうね?
    00070 : 交響曲第70番《80より前》
    Symphony No. 70"Before 80..."
    00071 : 交響曲第71番《70の後...》
    Symphony No. 71"After 70..."
    00072 : 交響曲第72番《名前はない...秘密にした...》
    Symphony No. 72"Nameless... kept secret..."
    ケチ!!!!!!!
    00073 : 交響曲第73番《72の1つ後...》
    Symphony No. 73"1 after 72..."
    サンタの楽しい算数教室がはじまるよー。
    00074 : 交響曲第74番《72の2つ後...》
    Symphony No. 74"2nd after 72..."
    72+2は74ですー
    00075 : 交響曲第75番《72の3つ後...》
    Symphony No. 75"3rd after 72..."
    72+3は75ですー
    00076 : 交響曲第76番《72の4つ後...》
    Symphony No. 76"4th after 72..."
    72+4は76ですー(・・・すごい簡単すぎるんですけど・・・)
    00077 : 交響曲第77番《脚注...中...間...》
    Symphony No. 77"Footnotes... in... betweens..."
    00078 : 交響曲第78番《湖畔で音を(海)見つつ》
    Symphony No. 78"See(sea)ing Sounds at a Lakeside..."
    00079 : 交響曲第79番《セ、ヴェンテ - ィ - ナイン - ルック、ウェイト&メイト...》
    Symphony No. 79"Se, Vent y Nine - look, wait & mate..."
    どうやら79(seventy nine)を分解しまくってるってことみたい。
    00080 : 交響曲第80番《90より前》
    Symphony No. 80"Before Ninety..."
    00081 : 交響曲第81番《80の後》
    Symphony No. 81"After Eighty..."
    00082 : 交響曲第82番《この年(他の = 今ひとたび)の終わりに》
    Symphony No. 82"At the end of (another = again one more) year..."
    久々に一年の終わりについて考えている。

    [2003]
    00083 : 交響曲第83番《秋再びから春再び...》
    Symphony No. 83"From Autumn again to Spring again..."
    サンタさんは季節について考えるのも大好き。1月から12月を冠した曲もあるし、春夏秋冬もちろんカバー済み。
    00084 : 交響曲第84番《里程標に》(レイフ・セーゲルスタム60歳,2004年3月2日)
    Symphony No. 84"For a Milestone..." ("Leif Segerstam 60 years 2.3.2004...")
    誕生日おめでとう!!!!!!!いやー60歳。自分で自分を祝うと。
    00085 : 交響曲第85番《ハデス》
    Symphony No. 85"HADES..."
    00086 : 交響曲第86番《ア(ァ)テ&(ィ)シク!ス...》
    Symphony No. 86"A(a)TE&(y)SIC!s..."
    86のドイツ語読みを分解してますね。
    00087 : 交響曲第87番《起こされた無限大(∞)、“8”はa(=e)-友人(friend)?-ven(=vän)?...》
    Symphony No. 87"The Erected Infinity 8 is-a(=e)-friend?-ven(=vän)...?"
    ∞ を立てて、8 。そこまでは判るが、それ以降さっぱりんこです。
    00088 : 交響曲第88番《はっぱ64》
    Symphony No. 88"8x8=64"
    久々キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!サンタの算数教室。でも答えが既にわかってますよー。
    00089 : 交響曲第89番《90の一つ前》
    Symphony No. 89"One before Ninety..."
    おー、ようやく九十と自らに言い聞かせるサンタ。
    00090 : 交響曲第90番《なぜなら-なぜなら... イコール 六十...》(ハンネレ・セーゲスルタム60歳,2003年8月19日)
    Symphony No. 90"Because-because... = Six-ty..." ("Hannele Segerstam Six-ty years on 19.8.2003")
    奥さんですかね。おめでとー!!
    00091 : 交響曲第91番《懐古的番号...》
    Symphony No. 91"Nostalgic Number..."
    なんでやねん?
    00092 : 交響曲第92番《フォーミュラ4...》
    Symphony No. 92"Formula 4..."
    ワンじゃないの?
    00093 : 交響曲第93番《ミーティング・ポイント...》
    Symphony No. 93"Meeting Point..."
    00094 : 交響曲第94番《スターティング・ポイント...》
    Symphony No. 94"Starting Point..."
    ふむ。題名らしい題名だね。
    00095 : 交響曲第95番《仕事つらい...》
    Symphony No. 95"Working Hard..."
    おいおいおいおいおいおいおいいきなり大丈夫ですか!人生まだまだ楽しいことがありますよ!!!
    00096 : 交響曲第96番《人生設計...》
    Symphony No. 96"Making life..."
    おぉ、きちんと思いとどまってくれたようです。
    00097 : 交響曲第97番《ヴィオラエリーナ...》
    Symphony No. 97"Violaelina..."
    00098 : 交響曲第98番《セリモスカル...》
    Symphony No. 98"Selimoskar..."
    00099 : 交響曲第99番《イリシロナ...》
    Symphony No. 99"Iirisilona..."
    えーーーーーーーーー、、、呪文かなんかですか?
    00100 : 交響曲第100番《一方で私は恐れない...》
    Symphony No. 100"On the other hand I am not afraid..."
    ついに100到達!なんか怖い物でもあったのかな?

    [2004]
    00101 : 交響曲第101番《104から104へ...!》
    Symphony No. 101"104 to 104...!"
    104、そうハイドンの104曲がついに見えてきた。なんで104 to 104だかイマイチわからんけどな!
    00102 : 交響曲第102番《103から104へ...》
    Symphony No. 102"103 to 104..."
    00103 : 交響曲第103番《102から104へ...》
    Symphony No. 103"102 to 104..."
    リーチキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
    通常編成に加え、103本のホルン(!)と破天荒な事を要求しとります。
    00104 : 交響曲第104番《嗚呼、ついに!》
    Symphony No. 104"Ah, Finalmente!..."
    素直にパパハイドンと並んだことに感慨に耽るサンタ。
    00105 : 交響曲第105番《パ-パ、パ-パ-パッシング...》
    Symphony No. 105"Pa-Pá, Pá-Pa-Passing..."
    そして超えたことで壊れたサンタ。Pa-Paってパパハイドンと掛けてるのかな。
    00106 : 交響曲第106番《アントン・ブルックナーへのオマージュ》
    Symphony No. 106"Hommage a Anton Brucjner"
    リンツ・ブルックナー管の客演時に初演。
    00107 : 交響曲第107番《夏の幻影...》
    Symphony No. 107"Summer visions..."
    00108 : 交響曲第108番《ロヴィーサ...彼女の白鳥ケーキ...》
    Symphony No. 108"LOVIISA..." & her swancake...
    は・・白鳥のケーキ!?この罰当たりめが!!!⇒こちらswancake(想像)
    00109 : 交響曲第109番《ヴォルデマル...彼の美しい山々》
    Symphony No. 109"VOLDEMAR..." & his beautiful mountains...
    00110 : 交響曲第110番《ミレーナ...彼女の寛大な抱擁...》
    Symphony No. 110"MILENA..." & her generous embracings...
    00111 : 交響曲第111番《ソロウモスクイトケイターピラールフォーメイションズ...に...なぜなら》
    Symphony No. 111"sorrowmosquitocaterpillarformations... towards... because..."
    2〜3千人の合唱(アホか)。最強度に題名が理解できません。
    00112 : 交響曲第112番《拡大縮小音階上がって下がってベスマン(音階)を伴い》
    Symphony No. 112"Scaling scales up & down with a BESMAN (scale)..."
    00113 : 交響曲第113番(“じゅういちひくさんは...”)
    Symphony No. 113("11-3=...")
    サンタの算数教室。えーじゅういちひくさんは...。。。。。答えて先生!判らないの!ぼけちゃったの!?
    00114 : 交響曲第114番(“あるいは支えられて…”)
    Symphony No. 114("- perhaps with crutches for...")
    00115 : 交響曲第115番(“木々が君の肩をたたくのを聞く...”)
    Symphony No. 115("Listening to the tree clapping your shoulder...")
    00116 : 交響曲第116番(“夏の終わりに...”)
    Symphony No. 116("After Summer...")
    00117 : 交響曲第117番(“秋が始まる時...”)
    Symphony No. 117("When Autumn Starts...")
    夏が終わり秋が始まる。うーん、極めてフツーな題名。
    00118 : 交響曲第118番(“音が自由微動する景観を旅する...”)
    Symphony No. 118("Strolling in Freepulsative Landscapes of Sound...")
    00119 : 交響曲第119番(“音が自由微動する景観を更に旅する...”)
    Symphony No. 119("More Strollings in Free-pulsative Landscapes of Sound...")
    00120 : 交響曲第120番(“防護された時を記譜...”)
    Symphony No. 120(Notations during protected Time...)
    ここらは全く意図がつかめません。

    [2005]
    00121 : 交響曲第121番(“防護された時の終わりに記譜...”)
    Symphony No. 121(Notations at the End of a Protected Time...)
    00122 : 交響曲第122番(“ツナミが迫りくる...”)
    Symphony No. 122("Tsunamic Zoomings...")
    前に記事でも書きましたが、あの災害に触発されたのでしょう。
    00123 : 交響曲第123番(“始まりを聞きつつ...”)
    Symphony No. 123("Listening to a Start")
    00124 : 交響曲第124番(“倍の長さの音を提示...”)
    Symphony No. 124("Displaying sounds in doubled quantities...")
    00125 : 交響曲第125番(“加速度的に増殖する音を提示...”)
    Symphony No. 125("addingly deriving the numbers of sounds displayed...")

    以上。5月6日現在のセーゲルスタム交響曲全曲でした。
    誰か僕のゴールデンウィークを返して下さい。

    スポンサーサイト

    • 2012.06.24 Sunday
    • 22:36
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      偉業達成!おめでとうございます。
      記念に11番を聴いてお祝いしております。

      こうして見てみると、どれも聴いてみたくなりますが、
      まあ、どれも一緒なんでしょうねえ。(笑)

      これからも追加改訂版をよろしくお願い致します。
      • とど
      • 2005/05/15 10:21 AM
      祝辞

      この度の大家様の大業に畏敬の念を抱きますとともに、
      我が国の北欧音楽の理解にあたっての金字塔となりますように。
      ほんとうにご苦労様でございました。

      今後、250曲ぐらいになったら、追補版をお願い申し上げます。

      ところで、私、未熟者ゆえ未だ1曲も聴いたことないんですが、
      さしあたり何番を聴いたらよろしいでしょうか?
      • チペラ
      • 2005/05/15 8:47 PM
      感涙と共に、一気に拝読いたしました。
      これまでタイトルだけで興奮したのは「交響詩・甲州街道の松」ですが(タイトルのみ実在する)、これらは「松」を完璧に凌駕していると思います。
      何より、カウンターを5桁!に設定された大家様の慧眼に興奮と尊敬を禁じえません。
      4桁目に数字が入る頃には大家様の厚意に対し作曲者から交響曲の献呈があるのでは、と今から楽しみにしています。
      • とんち
      • 2005/05/16 1:40 AM
      Moi!

      >00063 : 交響曲第63番
      >《シング-ア-ポ-レ、歌え!アポル:エ!!...》
      >Symphony No. 63"SING-A-PÅ-RE, Sing! Apor: E!!..."
      >(御協力:Lux!)。

      Ei kesta.Your welcome!!
      • Lux
      • 2005/05/16 6:29 PM
      すばらしすぎます。bahrさんっ!!
      感涙にむせびつつ、笑い転げてます。
      北欧音楽ファンの正しいGWの使い方、ここにきわまれり・・・(^^;)
      わたしも精進せねば。。。
      皆様暖かい祝福をいただきありがとうございます。m(_ _)m

      確かにカウンター5桁ってのはやりすぎましたかね(^^;;;;
      とりあえず、訳出はかなり適当な事をご了解いただければと思います。

      こんなことやってる割にはサンタさんのCDって持っていないのですよ。多分3枚くらいかな?
      ですので、さしあたり何番か?難しい問題です。サンタさん風に『訝しげな疑問に対する回答...答えはない...』とでも答えておきましょうかね(笑)。とにかく111番が聞いてみたい。

      サンタさんネタでは後日“分析篇”を予定しています(懲りない)。
      • bahr
      • 2005/05/19 9:19 PM
      はじめまして。
        
      よいものを見せていただきました(指揮者としてのセーゲルスタムはチェックしていましたが……)。
       
      NAXOSからのCDリリース予定は、ないのでしょうか?
      セーゲルスタムの交響曲は現在確認のできるところで、177番まで書かれているそうです。
      • 匿名
      • 2008/01/18 12:13 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM