スポンサーサイト

  • 2012.06.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ◆サンタさんからストゥールゴールズへ

    • 2007.10.14 Sunday
    • 11:20
    ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団は2008年から主席指揮者の地位に、ヨン・ストゥールゴールズ(John Storgårds)を迎えることになったようです。

    現主席指揮者はもちろんレイフ・セーゲルスタム。1996年からこのフィンランド屈指のオーケストラを率いてシベリウスの再録音を果たすなど録音面においても多大な功績を残しました。
    そのストゥールゴールズ。現在はフィンランド、タンペレ・フィルハーモニックの主席指揮者でありますが、後任を同じく将来を嘱望される指揮者の一人、ハンヌ・リントゥ公式ページ。格好いい)に譲り、ヘルシンキに登壇することになったということです。

    ストゥールゴールズも既にヘルシンキには客演を重ねていたようで、そういった意味では満を持しての登場のようですね。ストゥールゴールズはそのディスコグラフィーを見ても判るとおり、フィンランド以外の作品の録音が殆どなのが特徴です。近作から遡ると、アンジェイ・パヌフニク、ペテリス・ヴァスクス、ジョン・コリリアーノという案配で、ONDINEレーベル内での役割分担的なもんなんでしょうか?これからどういった作品を録音してくれるか、今から楽しみであります。

    ◆そんなヘルシンキ・フィルハーモニックでありますが、今年創立125年を迎えるのですね。カヤヌスによって創立された北欧最古のオーケストラ。それを記念したアルバムがONDINEよりリリースされました。


    12人のフィンランド作曲家によるオムニバス作品集。ONDINEのこの手のアルバムは過去の録音の寄せ集めが多いのですが、今回はどうやら全て新録音のようです。

    〈収録曲〉
    ウーノ・クラミ(1900-1961):《スオメンリンナ島》 作品30
    セリム・パルムグレン(1878-1951):《フィンランドの絵》 作品24
    レーヴィ・マデトヤ(1887-1947):《ポホヤの人々》組曲 作品52より、囚人の歌
    ロベルト・カヤヌス(1856-1933):交響的序曲
    オスカル・メリカント(1868-1924):ヴァルス・レンテ
    アルマス・ヤルエネフェルト(1869-1958):プレリュード
    トイヴォ・クーラ(1883-1918):結婚行進曲
    タネリ・クーシスト(1905-1988):フィンランドの祈り
    アーッレ・メリカント(1893-1958):イントラーダ
    ジャン・シベリウス(1865-1957):悲しきワルツ
    ジャン・シベリウス(1865-1957):春の歌 作品16

    いやーこれは素晴らしいですね。久しぶりに即ポチ(見て直ぐ注文ボタンをポチっとしてしまう事)してしまう程です(笑)。創始者カヤヌスの作品はもちろんの事、このオーケストラに縁の深い作曲家の作品が収録されていますね〜。素晴らしい。

    ◆ちなみにサンタさん(レイフ・セーゲルスタムの愛称です念のため)、これからどうするんでしょうかね。相変わらず作曲家・指揮者として大活躍し続けるのでしょうが、もう彼も63歳で「巨匠」と呼ばれてもおかしくない年齢になりましたからね。作曲活動に専念していくのでしょうか。

    ちなみに、2007年10月2日現在、交響曲は189曲まで到達しています(あぁ、訳さないと・・・)。
    John Corigliano: Symphony No. 2 & The Mannheim Rocket
    John Corigliano: Symphony No. 2 & The Mannheim Rocket
    John Corigliano,John Storgaards,Helsinki Philharmonic Orchestra
    Joseph Haydn: Seven Last Words
    Joseph Haydn: Seven Last Words
    Franz Joseph Haydn,John Storgaards,Tapiola Sinfonietta

    スポンサーサイト

    • 2012.06.24 Sunday
    • 11:20
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      交響曲全訳は懐かしいですね。

      サンタさんの「A NNNNOOOOOWWW」は元は英単語の「Now」です。「今という瞬間を極限まで引き伸ばす」曲です。
      • fimic
      • 2007/10/21 6:04 PM
      fimicさん、コメントありがとうございます。いつもお世話になっております(?)。

      あんなテキトーな全訳でも覚えていていただいて嬉しい限りです。今となってはもう気力もありませんが。。。

      A NNNNOOOOOWWW、そういう意味だったのですね。知りませんでした。サンタファンを自称していながら、きちんと彼の曲を聴いていないんですよね。いかんいかん。
      • bahr
      • 2007/11/12 8:20 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << January 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM