スポンサーサイト

  • 2012.06.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    サラステ&ラハティ& BIS = シルヴェストロフ

    • 2008.05.31 Saturday
    • 23:25
    ◆先般のフェアウェルコンサートで、ラハティの主席指揮者の役割を終えたオスモ・ヴァンスカ。素晴らしいコンサートだったそうです。1988年から20年。確かに一区切り、という感じなのかもしれません。録音においても枚挙に限りないほどの功績を残してくれましたね。

    さて、そんなヴァンスカ&ラハティの録音を担った、BISレーベルにちょっとした記載あり。というかあまりそんな些末な事に興味はないか(^^;;

    BIS Records

    今後の話として、ヴァンスカの跡を継ぐ、アーティスティック・アドヴァイザーのユカ=ペッカ・サラステが、ラハティとヴァレンティン・シルヴェストロフの交響曲を録音予定であるということであります。

    ◆サラステは、録音するレパートリーの先読みが全くできない指揮者の一人で、主にFINLANDIA時代は多くの近現代作品を録音してきました。サラステは2006年にオスロ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任しましたが、録音上はまだこれといった成果がない状態なんですよねー。

    僕としては、オスロと3度目のシベリウス・ツィクルスがSIMAXで行われるんじゃないかと勝手に夢想していたのですが、その気配は全くありません(笑)。

    ◆そしてそんなサラステの録音情報として出てきたのが前述のシルヴェストロフ。シルヴェストロフというとどっかんどっかんと大音響のイメージがあったのですが(1枚しか聴いたことがないので多分誤ったイメージなんでしょう)、それをラハティで録音するというのが少々意外な感じであります。

    ともあれ、サラステには音盤界上でももっと活躍してもらいたいと思っているので、まずは楽しみにしたいと思うのでありました。




    スポンサーサイト

    • 2012.06.24 Sunday
    • 23:25
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM