スポンサーサイト

  • 2012.06.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    rosendal.earle.templeton // tide

    • 2008.06.01 Sunday
    • 20:13

    Tide
    Peter Rosendal,Graig Earle,Janus Templeton

    ◆今年はジャズが好調だ。好きなミュージシャンの新譜が続いてることもあるけど、それらが前作を凌駕する素晴らしい出来なので尚更です。

    デンマークのピアニスト、ペーター・ローセンダールに、同郷のグレイグ・アール (ベース)、ジェイナス・テンプルトン (ドラムズ)を加えたトリオとしては、2006年Calibratedからリリースされたアルバムに続くもの。今回はSTUNTからのリリース。国内流通分はSTUNTのサンプラーも付いているという(限定数ではあるようですが)お買い得盤です。

    ちなみに日本語帯にある「メンバーを一新したピアノ・トリオは期待大の名盤!」というのは明らかに間違い。何を調べてるのやら。

    ◆ローセンダールのトリオ作としては、メーズ・ヴィニング、モルテン・ルンドらと組んだコペンハーゲンでのデビュー・ライヴ作、スタジオ録音の“WONDERING”があり、2006年に新しい若手トリオに変わった時に、雑誌やネット上でもこうなんというか「バックがベテランから若手に変わり、音楽の懐が浅くなった」みたいな批評を見て、少々激怒したものです(笑)。それほどに2006年のアルバムは完成度が高く、素晴らしいものと感じていたのです。

    彼の特徴は抒情的な側面(北欧らしいメロディセンス)と、モダンなビート感あふれる躍動的な面が丁度良いバランスで存在してることにあると感じてます。特に前者に偏るピアニストは結構多いけど、堅くて取っつきにくく、ゴツゴツした方面も併せ持つ人はなかなかいないのです(数少ない一人は、もちろんヤーコブ・カールソン)。

    ◆そんな彼の新作。2曲目のアルバムタイトル曲、“tide”。これが滅法素晴らしい。丁度1曲目“wreckage”のベースのアルコに乗って奏でられる民謡調のメロディにメロメロになった後、この攻撃的なビートに乗った曲が始まります。ぞぞぞおおおおおおお。この対比、これが素晴らしい!!!!!!

    曲も非常に複雑であり、変拍子の多用と一筋縄ではいかない展開部(?)を併せ持ち、硬軟どちらに曲が傾くか最後まで聴かないとわからん的な、スリリングな時間を味合わせてくれます。
    この2曲目も最後は空気に溶け込むように終わってしまいます。しかしその余韻が味わい深いのであります。

    ◆印象深いのは6曲目の“djengis”。ピアノとベースの戯けたユニゾンパートとソロによるアドリブ大会のパートに別れますが、後者におけるベースのソロがすげえのであります。グライグ・アール、前作でも彼のアルコに心奪われる事が多かったです。今回は短いですがそのテクニックに魅せられました。カッコイイぜ!

    最後の10曲目は無窮動的に高速回転するアヴァンギャルドな作品で締められます。

    全10曲、全てローセンダールのオリジナル。

    http://www.myspace.com/rosendalearletempletonmusic
    http://www.rosendalearletempleton.com/
    http://www.peterrosendal.dk/

    参考:前作
    Rosendal.Earle.Templeton
    Rosendal.Earle.Templeton
    Peter Rosendal,Graig Erle,Janus Templeton
    JUGEMテーマ:音楽


    ◆STUNT Recordsのウェブサイトがリニューアルされてましたね。おお!
    http://www.sundance.dk/

    スポンサーサイト

    • 2012.06.24 Sunday
    • 20:13
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      おおお、前作も大愛聴盤となってます〜、情報ありがとうございます♪このごろ、ジャズを聴く比率がうなぎのぼりだなぁ(^^;)。
      ようやく落ち着かれたようで・・・・と思ったらそうでもなさそうですね(^^;;
      夏に向けてはやっぱりジャズのフランクさが心地よいですよね〜。ともあれLockropあたりも聴いてがんばりましょー!
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << January 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM