スポンサーサイト

  • 2012.06.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    Kramer/Olsen/Haastrup TRIO

    • 2008.09.15 Monday
    • 19:27
    ◆大分間が空いてしまいましたが、例の如く気ままに再開してみます。大分涼しくなってきたことですし(笑)。

    ◆デンマークの元気の良いジャズレーベルというと、まずはSTUNT Recordsが思い浮かびますが、今年に限って言うと、Calibrated が熱い。STUNTがインターナショナルな方向に拡大するのとは異なって、あくまでもデンマークのミュージシャン中心でいく姿勢が強く感じられるからです。

    最近リリースされた中で出色なのが、メイ=ブリット・クラメル Maj-Britt Kramerのスタンダードなピアノトリオ作です。

    KRAMER・HAASTRUP・OLSEN TRIO
    MAJ-BRITT KRAMER(PIANO)
    Benita Haastrup(DRUMS)
    Jens Skou Olsen(BAS)
    Calibrated CAL1073

    ◆女性が二人を占めるトリオというのも比較的珍しい感じもしますね。そしてこのちょっと怖い系なジャケットとは裏腹に、メロディアスなトリオ・ミュージックが存分に展開されます。そう、そこにはデンマークへの敬愛の念がしっかりつまった音楽があるのであります。

    殊、北欧のミュージシャンは、民謡やフォーク、昔から慣れ親しんだ歌に対する愛着が強いのでしょうか。ジャズ・ミュージシャンは特にこれら自らの起源に対して限りない愛情を示してくれます。このアルバムもそうした1枚に数えられるものです。

    ◆全8曲中、5曲はオリジナルなのですが、残り3曲がポール・シアベク、バッハ、ゲーゼのメロディーによるものなのです。

    01. I DANMARK ER JEG FØDT (デンマークに生まれて:ポール・シアベク)
    03. ACH GOTT, ERHUÖR, MEIN SEUFEN (ああ 神よ、わが呻き、わが嘆きの声に耳を傾け:バッハ)
    04 PÅ SJØLUNDS FAGRE SLETTER (シェロンの勇ましき平野に:ゲーゼ)


    ゲーゼの曲はデンマークに伝わる英雄の詩であり、彼の交響曲第1番の副題にもなっているものなんですね(調べるまで気づきませんでしたが・・・)。

    ◆彼らの音楽は全体的に親しみやすく、歌を中心にした親しみやすいものです。逆にエグさというか、苦みがないのがちょっと不足に感じることもありますが、ある意味デンマーク・ジャズのポピュラリティを端的に表しているトリオだと思います。クラメルの音の美しさも特筆ものです。落ち着いたカンタービレは、音の響きを堪能するにはもってこいであります。

    これからの季節にピッタリなジャズだと思います。







    スポンサーサイト

    • 2012.06.24 Sunday
    • 19:27
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM