スポンサーサイト

  • 2012.06.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ヤーコブ・カールソン3題

    • 2009.03.08 Sunday
    • 19:26
    ◆半年に一回更新されるもはや完全放置状態のブログをこっそり更新してみよう(笑)。

    最近はmixiでの日記更新もしなくなり、主にTwitterばかりというのが現状なんですが、たまには纏まった文章も書きたくなるものです。

    ということで、最近出たスウェーデンのジャズ・ピアニスト、Jacob Karlzon ヤーコブ・カールソンのディスクを簡単に紹介したい。


    ●HEAT (Caprice 2009)
    "Jacob Karlzon"名義としては、2003年の"Big5"以来のアルバム。Big5と同じく、ペーテル・アスプンド(トランペット)と、カール=マーティン・アルムクウィスト(サックス)を配した2管クインテットの最新作(2009)。ベースはハンス・アンダション、ドラムズはヨーナス・ホルゲルソンという布陣。曲によってソロだったりトリオだったり、フルのクインテットだったりとバラエティに富んだ印象ですね。

    ほぼ全篇カールソンのオリジナル曲ですが、2曲例外があって、そのうち一曲がラヴェルのソナチネのModéré(第1楽章)なんです。

    この後紹介するディスクでは、ラヴェルの作品を元にした即興演奏という意欲的なディスクでありますが、この最新作においてもラヴェル!なわけであります。もともとクラシック的素養を持ち合わせているミュージシャンが多く、こと北欧に関しては、自国のクラシカルな作曲家の作品を取り上げる例は少なくありません。それがもともとジャズの要素も多分に多いラヴェルの作品を選ぶというのはカールソンならではの選定眼を感じさせるものです。この"SONATINE:MODÉRÉ"と題された曲も、ほぼモチーフの借用が中心で、完全な正統派ジャズ(しかもかなりカッコイイ)していて、実に素晴らしい。

    その他硬軟取り混ぜた実に奥行き深い音楽が詰まってます。彼のリリカルな抒情美と、多層的に折り重なるように構築されるジャズならでは興奮が実に上手いカタチでブレンドされた傑作と言えるでしょうね。

    個人的ベストトラックは、前述のラヴェルと、タイトルナンバーであるHEAT。




    ◆piano improvisations inspired by Maurice Ravel(Caprice 2008)

    スウェーデンCAPRICEレーベルが昨年開始した意欲的な企画、improvisational シリーズ。第1作はニクラス・シヴェレーヴ、第2作はマッツ・オーベリ、そして第3作目に選ばれたのがカールソンと。
    このシリーズ、とにかく録音場所、ピアノ、時間をほぼ限定し、ピアニストには直前にお題が出されるというもの。ここでカールソンに出されたお題はラヴェル。曲目を覗いてみると、
    前奏曲 古風なメヌエット 絞首台 自由な即興 II 高雅で感傷的なワルツ、かなりゆったりと ボレロ 道化師の朝の歌 自由な即興 IV 自由な即興 III ハイドンの名によるメヌエット

    というもの。それぞれの曲は決して長くなく、繊細な音色で、ラヴェルの面影を追っていくかのような演奏が印象的です。間に挟まれた本当の意味での即興は、カールソンらしいドラマティックな展開を持ったものもありますが、全体的にはたゆたうような微妙な和声の移ろいにラヴェルを"感じる"事がこのアルバムの正しい聴き方なのではないかと思います。

    北欧らしいリリシズムを湛えた硬質なしかし豊かな音色が魅了する。そんな演奏に仕上がってます。極上。



    ◆VICTORIA TOLSTOY MY RUSSIAN SOUL(ACT 2008)

    ロシアの文豪、トルストイを祖先にもつヴィクトリア・トルストイのアルバム。現在スウェーデンで活躍する彼女ですが、今回は自らのルーツであるロシアをテーマとした作品をリリースしてきました。
    で、このアレンジの殆どを引き受けるのが我らがカールソン。とそういう事なんであります。チャイコフスキー、ラフマニノフ、ボロディン、トラディショナル。それらがヴォーカルを伴った気持ちの良いジャズになって蘇る。

    クラシックな方にもお馴染みなメロディーが満載なのも楽しめるポイントですね。いきなりチャイコフスキー5番の2楽章のメロディーに始まり、"Stranger In Paradise"(ボロディンのだったん人の踊りより)、ポーリュシカ・ポーレ、ラフマニノフは第2交響曲のアダージョ楽章などなど。どれもこれも、素直なボロディンみたいな編曲はいいものの、他は目から鱗なアレンジで実に楽しく聴ける1枚になってると思います。

    カールソンのピアノという意味では決して出番は多くないですが、時折現れるソロ・パッセージは存在感たっぷりで、ヴィクトリアの豊かな歌声と相俟って実に聴き応えのある1枚になってると思います。



    ということで3枚どれも、クラシックとジャズが微妙に絡んでは、それぞれが主張するアルバムになってるのが共通項でしょうか(笑)。どれもカールソンの音楽性が表れた素晴らしいアルバム。是非お聞き頂きたい!





    スポンサーサイト

    • 2012.06.24 Sunday
    • 19:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こちらに伺うのは久しぶりです。

      どれも気になりますね〜
      早速、ロシアものから購入してみようと思います。
      素敵なアルバムのご紹介、ありがとうございます。
      • Anja
      • 2009/03/08 9:34 PM
      おお、詳しいご紹介ありがとうございます。

      いま、お題ラヴェルのCDの到着を待ってます。一緒にお願いしたソーアン・クリステンセンのクリスマスアルバム(気はやすぎ)が入りしだいとのこと、首がながーくなってます♪楽しみ♪
      なにぶん久しぶりなので慣れません(笑)。
      >Anjaさん
      ヴィクトリア・トルストイには"My Swedish Heart"という素晴らしいアルバムもあるので、沖にいりましたら是非に〜。
      >phoebeさん
      クリステンセン、僕も発注中です。確かに気が早すぎですね。待ってる分、十分期待に応えてくれるアルバムだと思います〜。
      • janbahr
      • 2009/03/10 12:44 AM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM